ニュース速報

サッポロW、むくみ改善で届出へ レモン由来ヘスペリジンで(2019.10.3)

 サッポロホールディングスの健康関連事業会社、サッポロウエルネスラボは、機能性表示食品の第2弾として、レモン由来のヘスペリジンを機能性関与成分にした届出を行うことを明らかにした。ヘルスクレームは、女性を対象にした、朝の顔のむくみ改善と、夕方時の足のむくみ改善の2点を想定している。


詳細はこちら

ペプチド開発・製造受託を開始 富士フイルム 機能性食品等の開発支援(2019.9.30)

 アミノ酸が2から50個結合したペプチドの開発・製造受託サービスを、富士フイルムが10月1日から新たに開始する。これまでに同社で開発、確立した製造手法を活用する。新サービスを通じて、ペプチドが活用されている医薬品や機能性食品のほか化粧品の研究開発を支援する。同社が9月26日に発表した。


詳細はこちら

サプリ新工場に80億円投資 ファンケル 生産能力3.5倍に増強(2019.9.26)

 ファンケルは、サプリメントの生産能力を拡大させるため、静岡県三島市のオムロン三島事業所の建屋と土地を取得する契約を締結した。取得額は約33億円で、改修工事や生産設備導入にかかる約50億円と合わせ計80億円を投資する。新工場の稼働で、タブレットや顆粒などサプリの生産能力は3~3.5倍に引き上がる。同社が25日発表した。


詳細はこちら

訪日客向けDgSが低調 サツドラHD、20年第1Q(2019.10.24)

 北海道を地盤にドラッグストアチェーンを展開するサツドラホールディングスは20日、2020年5月期第1四半期決算を発表した。売上高は対前年比7.2%増の227憶800万円の増収だったが、損益面では、1200万円の経常損失(前期は1憶3300万円の経常利益)で赤字に転落した。新本社建設に伴う工事費用などで特別損失7000万円を計上している。

詳細はこちら

行政

企業

素材

製品

話題

団体

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入

電子版購読会員



ページトップ