ニュース速報

消費者庁、日本サプリに措置命令  許可取り消しトクホに「優良誤認」
(2017.2.20)

 消費者庁は14日、日本サプリメント㈱(大阪市・増田毅社長)に対して、景品表示法に基づく措置命令を行ったと発表した。関与成分が規定値を満たしていなかったなどとして、昨年9月に同庁が許可取消し処分を下した同社のトクホについて、許可要件を満たしていないにもかかわらずトクホと表示していたことは優良誤認に当たると判断した。同法に基づく課徴金納付命令を行うかどうかについても「現在、調査中」だとしている。

詳細はこちら

沖縄県、健食認定制度を導入へ 再来年めどに(2017.2.20)

 沖縄県は2019年をめどに、独自の健康分野の食品認定制度を導入する。いわゆる健康食品や機能性食品に拘らず、多様な観点から複数の認定バージョンを設定していく方針だ。

詳細はこちら

DgS 「機能性」を本格展開へ JACDS、売り場作り促す(2017.2.20)

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が、ドラッグストア(DgS)各社に機能性表示食品の売り場作りを促す。届出総数が800品目を超えるのに合わせて棚作りを順次進めてもらいたい考えで、品揃えや棚割りに関するマニュアルをまとめ、今月中にも各DgSに配布する計画。ポスター、パンフレットをはじめインターネット情報など、機能性表示食品を生活者に普及啓発するためのツールの整備も進める。

詳細はこちら

健康情報拠点の薬局を支援 大塚製薬(2017.2.20)

 大塚製薬㈱は、地域に密着した健康情報拠点としての薬局を支援するプログラムの提供を4月から開始する。

詳細はこちら

行政

企業

素材

製品

話題

団体

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入

電子版購読会員



ページトップ