日東薬品が供給開始 ファーンブロック、日本でも 海外で実績(2018.3.22)


 各種乳酸菌を製造販売する日東薬品工業は、スペイン・カンタブリアラボ社が取扱う美容食品素材「ファーンブロック」の日本での原材料供給を開始する。これまでもグローバル事業の推進で海外の化粧品や食品素材を供給してきたが、美容に特化するなどの健康食品素材の取扱いは初めて。

 同社では、カンタブリア社と同素材の日本での独占供給契約を結んでいた。今後、原材料供給とともに、OEMを含めた共同開発商品を手掛けていく。また、海外の有望な機能性素材の取扱いも拡充していく方針。

 「ファーンブロック」は、シダ植物のポリポディウム・レウコトモスを用いたエキス末で、海外では日焼け対策のサプリメントの原材料に用いられている。同社によると世界59カ国以上で最終製品が販売されているという。
 今月14日には、同素材を用いた共同開発商品がロート製薬から市場投入されている。

Clip to Evernote

ページトップ