ニュース一覧

企業

ユーグレナの主戦場、機能性表示食品市場へ(2021.8.26)

ユーグレナ合体①

 通販大手キューサイをグループ傘下に迎えるユーグレナ(東京都港区)が機能性表示食品市場に本格参入しそうだ。これまでも届出を行っていたが、同社ヘルスケア事業の主力ブランド『からだにユーグレナ』から初となる2品(粉末飲料1品、飲料1品)の届出を行い、8月17日に公開された。

詳細はこちら

モロヘイヤ一筋 青粒兄弟、次の一手 (2021.8.26)

青粒兄弟 写真1①

 モロヘイヤ一筋で健康食品の開発・製造・販売を行う青粒(神戸市北区)は、今年8月31日に、創業30周年を迎える。創業者永原靖久氏の後を継ぎ、2019年に代表取締役社長に就任した長男の永原豊大社長と次男の永原盟千副社長は、地方TV局などに「青粒兄弟」として紹介される異色の経営陣。昨年には地方自治体と包括連携協定を結び、今年7月に廃校となった小学校を工場化するというユニークな事業活動を進めている。近日30周年を迎える同社が、今後どのような企業戦略を取るのか。若き経営陣兄弟に話を聞いた。

詳細はこちら

ファンケルの1Q サプリ事業、6%増の 90億円 (2021.8.12)

ファンケル内脂サポート」①

 ファンケル(横浜市中区)の2022年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が対前年比3.2%増の251億7600万円、経常利益が同29.3%増の32億4200万円だった。主力の化粧品、サプリメントともに前年実績を上回った。8月4日発表した。

詳細はこちら

偽サプリ問題、驚きと憤りの声 (2021.8.12)

大塚製薬合体②

 大塚製薬が販売するサプリメント『エクエル』の偽物がフリーマーケットサイトで売られていた問題(第1045号既報)。業界関係者は驚きと憤りの声を上げる。

詳細はこちら

日本の〝知〟 産業化めざす オートファジーゴー(2021.8.12)

事業戦略インタビュー_ 写真1①

 オートファジー──サプリメント産業の今後を考える上で外せないキーワードの1つだ。細胞の恒常性を保つ働きを細胞内で展開するオートファジーを活性化させることで、老化の抑制や疾病の予防、すなわち、健康寿命の延伸につながる可能性がある。オートファジー研究は、ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典博士ら日本の研究者が世界をけん引。その成果を高度に社会実装し、世界の人びとの健康長寿に貢献する目的で設立されたのが大阪大学発ベンチャー企業のオートファジーゴー(大阪府吹田市、以下APGО)だ。研究成果をヘルスケア産業に落とし込むために同社はどのような役割を果たすのか。理学博士号を持つ石堂美和子代表取締役社長に聞いた。

詳細はこちら

ファーマF ロート製薬 資本業務提携を強化 (2021.7.29)

ロート製薬とファーマフーズ①

 ファーマフーズ(京都市左京区、金武祚社長)とロート製薬(大阪市生野区、杉本雅史社長)は、以前から取り交わしていた資本業務提携を強化することで合意し、7月16日に新たな資本業務提携契約を締結、発表した。

詳細はこちら

中国サプリ事業 どう伸ばす ファンケル(2021.7.29)

インタビュー事業戦略 ファンケル田中さん①

 今年5月に新たな中期経営計画を策定し、その方針のひとつとして「本格的なグローバル化の推進」を掲げたファンケル(横浜市中区)。主力の化粧品とともに、サプリメントの海外展開も加速させる。そのなかで、中国を最重要国として位置付け、昨年12月からは中国の保健食品の販売も始めた。2020年度で20億円を計上した中国サプリメント事業の売上高を、23年度に60億円に引き上げる戦略を打ち出す同社の中国での拡販戦略を、海外事業本部の田中毅史・海外事業戦略部部長に聞いた。

詳細はこちら

市販サプリで機能性検証 新型コロナ重症化抑制が示唆 (2021.7.29)

 イタリアのインデナ社(ミラノ)が製造・販売するエンジュ花を原料とした高吸収ケルセチン製剤『ケルセフィット』に、新型コロナウイルス感染症(Covid‐19)の重症化を著しく抑える可能性のあることを報告する査読付き学術論文2報が先月、海外誌に掲載された。これらの論文は、新型コロナウイルス陽性者(重症者除く)を被験者とし、パキスタンで実施された非盲検RCT(ランダム化比較試験)の結果を伝えたもの。被験物としては、ケルセフィットを配合した市販(海外のみ)のサプリメントが使用された。

詳細はこちら

キリングループ アプリ活用で「効果実感」 (2021.7.8)

07キリン図表①

 キリングループが、機能性表示食品を用いるだけでなく、個別の記憶力状態を数値化することで、認知症対策への意識を高めていく新たな取組みを始めている。

詳細はこちら

大阪ソーダ サプリメント事業を強化 (2021.7.8)

 化学品メーカーの大阪ソーダ(大阪市西区)がサプリメント事業を強化する。有機合成やバイオ技術を用いて開発した機能性素材を最終商品に活用していく事業体制をこのほど整え、グループ企業のダイソーケミカルを窓口にサプリメント事業の本格展開を開始した。今後、臨床試験を実施するなどした後、機能性表示食品の届出を進めていく方針だ。

詳細はこちら


ページトップ