ニュース一覧

企業

日本アムウェイ 一般に「門戸開く」 (2020.12.10)

日本アムウェイ合体④

 国内MLM大手の日本アムウェイ(東京都渋谷区)が一般消費者向けのビジネス展開を新たに始めた。12月2日に一般消費者向けの通信販売サイトを開設。代表ブランドのニュートリライトのサプリメントはじめ、化粧品、洗剤、浄水器など、国内で会員向けに販売展開している200アイテムの大半をラインナップする。同社が会員以外の一般消費者向けに商品を販売するのは初めて。会員向けのMLMは従来通り進めつつ、「(一般消費者にも)門戸を開いて、今後の事業拡大を図る」(広報グループ)としている。

詳細はこちら

免疫対策、需要を創造 動き本格化 伴う大型販促(2020.12.10)

01トップ写真差し替え Imuse_プロモーション画面③

 健康な人の「免疫」維持サポート機能を訴求する機能性食品の需要創出に向けた動きが本格化してきた。独自素材のプラズマ乳酸菌を機能性関与成分にした機能性表示食品のサプリメントを11月第1週に発売していたキリングループは、同24日から新たに飲料3品を発売し、テレビCMも含めたマスプロモーションを展開。この動きを追うかたちで、今月17日からファンケルが同様のサプリメントの販売を開始する。年明けからテレビCMを含めた販促活動が本格化される見通し。

詳細はこちら

新菱 水素商材、品揃え拡充 (2020.11.26)

08新菱商品写真差し替えパッケージ写真(斜め)②

 三菱ケミカルホールディングスのグループ企業で健康関連事業を展開する新菱(北九州市八幡西区)が、水素を用いた最終商品事業を拡充する。10月にインフォームドスポーツ認証を取得したアスリート向けの水素ゼリーを市場投入し、今後、リラックスなどメンタル系の素材を組み合わせた水素ゼリーの第3弾商品も早い段階で商品化させる方針。水素を機能性関与成分にした、生活習慣対策などをヘルスクレームとする機能性表示食品の届出も準備しており、ヘルスケア事業の拡充を図る。

詳細はこちら

備前化成が新たな製剤を開発(2020.11.26)

 口腔内に滞留させる必要のある機能性成分・素材を、従来よりも長く口腔内にとどめることのできる新たな製剤技術を、健康食品受託製造の備前化成(岡山県赤磐市)が開発した。通常だと5分程度しか口腔内滞留性がない成分でも、30~40分にわたりとどめることができるという。口臭対策や歯周ケアなどを目的とするオーラルケア素材に適した製剤としてOEM提案を進める。

詳細はこちら

化学合成CBD、日本に 化学構造同じ「天然型」 (2020.11.26)

 化学合成により得られたカンナビジオール(CBD)の原材料販売にCBD(横浜市中区)が乗り出す。大麻草に含まれる同物質と化学構造が同一であることを確認しているため「天然型CBD」として打ち出す。

詳細はこちら

丸善製薬 デジタル強化で新サイト (2020.11.26)

丸善製薬_動向記事_デジタル活用①

 新型コロナウイルス下でデジタルの活用を強化している植物エキス製造販売の丸善製薬(広島県尾道市)が11月17日、新たなデジタルコンテンツとして、同社で手掛ける健康食品・化粧品原材料に関するウェブサイト『総合プロダクトガイド』を同社ホームページに開設した。各種原材料の最新情報に加え、健康・美容分野で研究活動を行う有識者のインタビュー記事、同社で実施した消費者アンケート調査結果などを掲載している。

詳細はこちら

日本アムウェイ、新・八王子流通センター稼働 (2020.11.26)

アムウェイ合体⑤

「今後10年の成長支える」
 MLM大手・日本アムウェイの東日本エリアの物流拠点、東京・八王子の流通センター(八王子市石川町)が改修作業を終え、11月16日から本格稼働した。投資金額は約16億円。ウェイト・チェッカーなど最新鋭の設備を導入するなど出荷ラインを整備し、配送時間の効率化などを実現した。八王子流通センターのリニューアルに伴い、西日本の製品流通を担ってきた神戸の流通センターは今月末に閉鎖し、すべての物流業務を八王子に集約させる。

詳細はこちら

免疫市場の形成始まる キリン、まずはサプリ発売(2020.11.12)

06キリン写真①②

 キリンホールディングスが日本初の「健康な人の免疫機能の維持に役立つ」機能性表示食品を11月第1週に新発売した。まずはサプリメントを市場投入。調剤薬局、クリニックへの配荷を進めている他、グループの協和発酵バイオのオンライン販売サイトでも11日から販売が始まった。テレビCMなどの販売プロモーションの展開は、今月24日が予定されているドリンク3商品の販売開始以降となる見通しだ。

詳細はこちら

ケトジェンヌ問題 原因不明のまま幕 (2020.11.12)

ケトジェンヌ写真①

 2019年9月、下痢の健康被害が急増しているなどと消費者庁が公表したことで騒ぎになったダイエットサプリメント『ケトジェンヌ』。その後の顛末──。

詳細はこちら

日本ハム中央研 届出サポート対応開始 (2020.11.12)

 日本ハム中央研究所(茨城県つくば市)が機能性表示食品の届出サポートに乗り出している。原材料販売を手掛ける複数の機能性食品素材のなかから、まずは抗疲労素材と関節ケア素材をピックアップ。今後、届出サポートに対応できる素材を順次拡充していく計画だ。

詳細はこちら


ページトップ