帝人が初の「機能性」届出 原材料販売も展開するイヌリンで(2020.9.7)


 スーパー大麦など複数の健康食品原材料を取り扱う帝人は、同社として初の機能性表示食品の届出を行い、消費者庁が9月2日に届出公開した。届け出た機能性関与成分はイヌリン。お腹の調子を整える働きを訴求する。

 届け出たヘルスクレームは、「腸内のビフィズス菌による発酵・増殖に利用され、腸内フローラが良好になることで、便秘傾向者において排便回数・排便量を増やし、お腹の調子を整えることが報告されています」

 機能性関与成分として今回届け出たイヌリンはチコリ由来。同社は昨年、オランダの食品素材メーカー、センサス社が製造するチコリ由来イヌリンの原材料供給を始めていた。

 また帝人では、同原材料を用いた健康食品「発酵する食物繊維」を2018年に発売。今後、今回届け出た機能性表示食品「発酵するナチュラルイヌリン」に切り替えるものとみられる。

Clip to Evernote

ニュース一覧

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入


ページトップ