通販健康食品、8カ月連続プラス 1月、14%増加 JADMA月次調査(2021.3.4)


 日本通信販売協会(JADMA)による通販売上高月次調査の2021年1月の結果が2日までにまとまり、「健康食品」の売上高は142億8900万円、前年同月比は14.2%のプラスだった。増加は20年6月から8カ月連続、2ケタ増は2カ月連続と好調に推移している。調査対象はJADMAの理事・監事社を中心とする会員企業126社。

 20年1月から21年1月までの健康食品の売上高伸び率(前年同月比)を見ると、1月から3月は連続してマイナス、4月はプラス(9.9%)に転じたものの翌5月は減少(6.3%)、そして6月以降は全ての月でプラスと、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長期化するのと足並みを揃えるかのように伸び続けている形だ。

通販化粧品も好調に推移
 一方、1月の「化粧品」の売上高は、前年同月比6.5%増の152億8500万円だった。増加は4カ月連続と、こちらも好調に推移。消費増税に伴う駆け込み需要の反動を受けたと見られる9月の減少を除けば、20年4月以降は連続して増加している。

 経済産業省の商業動態統計によると、ドラッグストアでの「ビューティケア(化粧品・小物)」商品の販売額は、20年3月から21年1月まで11カ月連続で前年同月を割り込んだ。化粧品は、店販と通販で、新型コロナ禍における影響の違いがより鮮明に表れているといえそうだ。

Clip to Evernote

ニュース一覧

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入


ページトップ