大塚、ニュートリ事業が増収増益 2Q 「ネイチャーメイド」大幅増(2021.8.9)


 大塚ホールディングス(東京都港区)は6日、2021年12月期第2四半期の連結業績を発表した。ニュートラシューティカルズ関連事業の売上高は、対前年比10.4%増の1753億1100万円、セグメント利益は同29.4%増の266億8300万円の増収増益だった。

 主要ブランドに位置付ける「ポカリスエット」やサプリメントの「ネイチャーメイド」の販売が好調に推移した。特にネイチャーメイドでは、メイン市場とする北米において、ビタミンDなどを中心に需要が増加し、大幅な増収になったという。育成ブランドのエクオール含有サプリメント「エクエル」や、独自乳酸菌配合飲料などの「ボディメンテ」も増収だった。

Clip to Evernote

ニュース一覧

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入


ページトップ