健食の相談件数、63.6%減少 東京都の21年度上半期消費生活相談(2021.12.13)


 東京都が13日発表した都の消費生活総合センターに寄せられた2021年度上半期(4~9月)の消費生活相談によると、健康食品に関する相談は前年同期比63.6%減の325件だった。一方、化粧品は同21.2%増の589件。高齢者に限定しても化粧品の相談件数は増えており、同49.7%増の226件だった。

 化粧品の主な相談内容は、シャンプーや乳液等の各種化粧品の定期購入に関するもの。健康食品の主な相談内容は、ダイエットサプリメント等の定期購入に関するもの。双方とも「定期購入」が密接に関係していた。

 また、都は同日、2021年度9月分の消費生活相談も発表した。健康食品の相談件数は前月から12件減り43件だった。相談件数の減少は2カ月連続。

Clip to Evernote

ニュース一覧

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入


ページトップ