小野薬品子会社、睡眠改善サプリ投入 14日発売 機能性脂質追求 ラインナップ拡充も(2022.3.14)


 製薬準大手の小野薬品工業の子会社でヘルスケア事業を担う小野薬品ヘルスケア(大阪市中央区)が始動した。14日、深睡眠とレム睡眠の両面に働きかける機能性表示食品のサプリメント「レムウェル」の販売を開始。睡眠の質向上とともに、不安感や緊張感などを和らげる機能を訴求できる独自性あるサプリとして市場での提案を進める。今後、同品に使用している機能性脂質に関して研究を進めながら、将来的に5品目程度を市場に投入していく考えだ。

 同日開いた新製品発表会で、野田康成社長は「小野薬品では50年以上、脂質の医薬品研究を進めてきた。その研究資産を最大限に活かしたサプリメントとして健康食品市場に参入した」と新規事業への抱負を述べた。

 新製品「レムウェル」は、機能性脂質としてイクラオイルに含まれるDHA、EPAと、深海サメ肝油のDAGE(ジアシルグリセリルエーテル)の3成分を機能性関与成分とするサプリメント。睡眠の質向上とともに、不安感や緊張感、気分の落ち込みを和らげるなどのヘルスクレームを訴求する。原材料とする機能性脂質は、先ごろ親会社との協業を発表したマルハニチロから供給されたもの。180粒入(30日分)で7020円。販売チャネルは同日立ち上げた自社オンラインショップなど通販で、ドラッグストアなど店販での展開は予定していない。また同日から、女優の中村ゆりさんを起用したテレビCMを関東・関西で放映開始するなどして市場での浸透を図る。

Clip to Evernote

ニュース一覧

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入


ページトップ