ニュース一覧

企業

帝人 サプリ事業に参入 新会社でNMNを市場展開(2019.5.23)

02帝人サプリ①

 帝人がサプリメント事業に本格参入する。ヘルスケア事業における医薬品研究・開発で培った技術力を活かし、ここ数年で老化に対して機能する成分として注目を集めているニコチン酸の一種、ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)を配合したサプリを開発、販売のために新たに設立した100%出資の子会社を通じて事業展開に乗り出す。スーパー大麦「バーリーマックス」、イヌリンに次ぐ機能性食品素材の取扱いを開始し、ヘルスケア事業を拡充する。

詳細はこちら

尿酸値対応 市場形成へ(2019.5.23)

ファンケル尿酸ポスター②

尿酸値対応市場が機能性表示食品を中心に形成されそうだ。

詳細はこちら

不二製油 藻類DHA原材料 今秋目途に協業品 (2019.5.16)

不二製油 清水社長①

 2016年に藻類由来DHA・EPA原材料の事業化を発表していた不二製油グループ本社は、同原材料を配合した協業品第1弾の市場投入について同社清水洋史社長(=写真)が、「商品のカタチはほぼ見えている。今年下期になりそう」だとの見通しを、10日開催の18年度決算説明会で明らかにした。

詳細はこちら

ポーラ・オルビスHD19年第1四半期業績  (2019.5.16)

 ポーラ・オルビスグループホールディングスの2019年12月期第1四半期連結決算は減収減益だった。POLAブランドの国内インバウンド売上の減少が響き、売上高は前年同期比11.9%減の524億4400万円、経常利益は31%減の65億2500万円と大きく落ち込んだ。「(国内インバウンド売上のうち)捉えきれないバイヤー需要があり、その分が想定以上に減収となった」としている。

詳細はこちら

三協・島根川本工場 錠剤の受託生産開始 (2019.5.16)

 健康食品受託製造の三協は、昨年春に竣工した島根川本工場における錠剤生産の稼働を先月から開始した。打錠機はじめ混合機、造粒機などを揃え、1日の生産能力は約200万錠。8月を目途に顆粒生産ラインを設けるなど、今後受託品目を増やしていく方針。

詳細はこちら

マツキヨ、ココカラ 資本業務提携へ DgS業界大再編か(2019.5.16)

 総売上高が7兆円を超えるドラッグストア(DgS)業界の新たな再編が始まった。マツモトキヨシホールディングスとココカラファインが、資本業務提携の検討協議を開始すると先月26日発表した。医薬品や化粧品などの仕入れや物流面での共同化、プライベートブランド商品の共同開発などを検討し、9月までに合意及び契約締結を目指すという。グループ化が実現すれば、売上高で1兆円に迫る業界首位の連合体が誕生する。

詳細はこちら

ファンケル 18年度業績 サプリ事業は22%増に (2019.5.16)

 ファンケルは、昨年来続く堅調な国内需要とインバウンド消費を背景に、2019年3月期の業績を大きく伸ばしている。主力の化粧品、サプリメント事業の好調が際立つ。

詳細はこちら

小林製薬 梅丹本舗を買収(2019.5.16)

 小林製薬は14日、梅肉エキス健康食品を製造販売する梅丹本舗(和歌山県紀の川市、松本喜久一社長)を買収したと発表した。同日付で全株式を取得し子会社化した。

詳細はこちら

焼津水産化学工業 アンセリンの生産強化へ (2019.5.16)

 焼津水産化学工業が機能食品事業に積極投資を行う方針を固めた。液体調味料の生産工場の移設費用を含め総額約19億円を投資し、機能性食品素材を生産する新工場を国内に建設する。これにより、主力素材のアンセリンやN‐アセチルグルコサミン(NAG)の生産能力・効率を高め、需要の拡大に対応する。

詳細はこちら

キリンHD ヘルスケア事業を推進 (2019.5.16)

 キリンホールディングスが乳酸菌事業を本格化させる。一昨年からグループ横断で展開する独自乳酸菌のプラズマ乳酸菌と、3月にヤクルトヘルスフーズから取り戻したサプリメントで使用するKW乳酸菌の2素材を軸に、乳酸菌製造に特化した専用工場を新設するとともに、協業品の開発にも積極的に取り組む。同素材を中核にヘルスサイエンス事業の売上高を、18年度の55億円から2021年を目途に150億、27年には230億円に拡大させる。

詳細はこちら


ページトップ