ニュース一覧

NEWS速報

マルトビオン酸Ca、初の届出 23日の届出更新 一気27件追加(2019.8.26)

 機能性表示食品の届出情報更新が8月23日にあり、計27件もの届出が新たに追加された。届出が新規追加されたのは同9日以来。これにより8月の届出総数は現時点で70件、今年度の届出総数としては245件となった。


詳細はこちら

通販市場、8兆円突破 18年度 通販協推計値 前年度比8.3%増(2019.8.22)

 2018年度の通信販売市場の売上高は8兆円を突破し、8兆1800億円に達したとみられると日本通信販売協会が21日、発表した。前年度から6300億円増加し、伸び率は8.3%のプラス。マイナス成長を記録した1998年度以来、20年連続で増加しており、10年前と比べて売上規模は約2倍に伸長している。


詳細はこちら

トリプル機能を訴求するココア 森永製菓、全国で発売へ(2019.8.19)

 森永製菓は、機能性表示食品の調整ココア「カカオ90スティック」を8月20日から全国で新発売する。カカオフラバノールとカカオリグニンを機能性関与成分にしたもの。血流改善による血圧低下▽運動時の身体の柔軟性や筋力およびバランス感覚維持▽便通が気になる方の整腸──といったトリプルヘルスクレームを行う。価格は5本(約5日分)入りで税込397円。


詳細はこちら

生協、〝機能性〟市場に参入 第1弾商品は全てGABA 9月発売(2019.8.5)

 日本生活協同組合連合会(生協連)は1日、機能性表示食品を新規展開すると発表した。第1弾商品3品を9月から順次販売する。発売するのはコーンスープ、炭酸飲料、チョコレートの3品。機能性関与成分はいずれもGABAだが、コーンスープは血圧改善、炭酸飲料とチョコレートはストレス緩和を訴求する。


詳細はこちら

ファンケル第1Q、売上6%増に サプリのマーケ費増などで減益に(2019.8.1)

 ファンケルの2020年3月期第1四半期の業績は、国内売上、インバウンドともに堅調に推移し、主力の化粧品、サプリメント事業が増収となり売上高は対前年比5.7%増の325億4400万円を計上した。一方、サプリ事業を中心にマーケティング費用を増加させたことなどにより、経常利益は同3.5%減の43億8200万円となった。同社が先月30日発表した。


詳細はこちら

マツキヨ、「機能性」を拡充 ルテインなど3品追加しシリーズ化(2019.7.25)

 マツモトキヨシホールディングスは、PB商品「マツキヨラボ」のサプリメントシリーズに機能性表示食品3品を追加する。これまでに同社は、機能性表示食品のスムージー2品を販売しており、今回のサプリ3品追加で、市場投入品は計5品となる。一部を除く全国のマツキヨグループ全店を販路に、8月10日から販売を始める。


詳細はこちら

マカ健康食品をリニューアル サントリーW、シトルリンを新配合(2019.7.22)

 サントリーウエルネスは19日、以前から販売しているマカ配合健康食品をリニューアルし、今月下旬から順次通信販売で新発売すると発表した。


詳細はこちら

「ザバス」の一般飲料が好調 売上高急伸 90億円台達す可能性も(2019.7.18)

 明治の乳飲料「ザバスMILK PROTEIN」シリーズの売上が急伸している。

詳細はこちら

「紫外線から肌を保護」と届出 富士フイルム 初のヘルスクレーム(2019.7.16)

 肌訴求の機能性表示食品で新たなヘルスクレームが出てきた。「紫外線刺激から肌を保護するのを助ける」という従来なかった機能性を盛り込んだもの。肌に関するヘルスクレームはこれまで潤い(保湿)に限られていた。富士フイルムが届け出た。機能性関与成分はアスタキサンチン。


詳細はこちら

DHC、トクホ取得  04年以来 「葛の花」関与成分の粉末飲料で(2019.7.8)

 消費者庁は8日、特定保健用食品(トクホ)の表示許可を3品に対して行い、発表した。うち1品はDHCが申請したもので、葛の花エキス(テクトリゲニン類として)を関与成分とする『お腹の脂肪が気になる方の葛花茶』(粉末清涼飲料)。再許可トクホとして許可を受けた。同社のトクホ許可取得は、2004年12月に許可を得た『ケール青汁+食物繊維』(現在販売中)以来とみられる。


詳細はこちら


ページトップ