ニュース一覧

話題

ファンケル20年3月期 サプリ事業、売上440億円 (2020.5.14)

 ファンケルの2020年3月期の業績が5月7日発表された。直営店舗の臨時休業など、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、第4四半期(今年1~3月)は前年を下回ったものの、同期売上高は対前年比3.5%増の1268億1000万円、経常利益が同15.9%増の143億1300万円の増収増益となった。そのうちサプリメント事業は、直営店におけるインバウンドの売上減少が響き、同0.2%増の440億600万円の微増にとどまった。

詳細はこちら

DgS3月売上 明暗分かれる(2020.4.23)

 ドラッッグストア売上高上位企業10社の3月の月次報告がこのほど出揃った。2月の既存店売上高は各社軒並み対前年プラスを計上していたが、3月はマイナスに転じるDgSが出始めた。訪日客が減少し始めた2月は、インバウンド需要の大幅な減少分を、新型コロナウイルス感染拡大によってマスクや紙製品などの急激な需要がカバーしたとみられている。インバウンド需要を取り込むことを想定した都市型店舗に注力してきたDgSが苦戦しているようだ。

詳細はこちら

新型コロナ 影響じわり 対面販売チャネルに打撃(2020.4.23)

 新型コロナウイルスが日本経済を大きく停滞させている。健康食品業界にもその影響が徐々に及びつつある。店頭チャネルの一部では、テナントが入居する商業施設の臨時休業に伴い営業が止まっている。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されたことで、事業活動の停滞感も深まってきた。

詳細はこちら

インバウンド消費6割減 2月のDgS コロナ影響 訪日客急減響く(2020.4.9)

 2月。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で訪日外国人客数が大幅に減少し、全国のドラッグストアのインバウンド消費も大きく落ち込んだ。一方で、ドラッグストアの足元の業績は好調の様子。2月の販売額は2ケタ増の伸びを示している。新型コロナによる混乱や不安が生んだ特需の影響を受けた模様だ。2019年度のドラッグストアの市場規模は4年連続で5%超の伸びを示しているが、市場関係者は「現況を考えると暗澹(あんたん)たる思い」だと沈む。

詳細はこちら

処分、処分、処分の春 消費者庁に加え自治体も(2020.4.9)

埼玉県 ニコリオ①

 昨年度末までに景品表示法に基づく措置命令が相次いで行われた。最終日の3月31日には健康機器の痩身効果表示を巡り大手通販など4社が一斉処分を受けた。また、自治体も法執行を強化している模様で、健康食品通販事業者に景表法及び特定商取引法違反を同時に認定する「ダブル処分」の事例も出ている。

詳細はこちら

18年度機能性表示食品市場 前年度比25%増 2千億円突破 (2020.2.6)

 2018年度の機能性表示食品市場規模は2240億5000万円(メーカー出荷金額ベース)になったとする市場調査結果を矢野経済研究所がとりまとめ、1月30日に発表した。前年度比を見ると25.3%の増加と大幅な伸びを示したという。一方、健康食品全体の18年度市場規模は同じく出荷額ベースで8614億3000万円。前年度比は1.9%のプラスにとどまったとした。

詳細はこちら

指定成分含有食品の義務表示案 まさかの14P以上縛り(2020.2.6)

 厚生労働省が6月1日に施行する指定成分等含有食品制度を巡り、消費者庁が先ごろ公開した義務表示規定案が業界に波紋を呼んでいる。14ポイント以上という大きな文字での表示を義務付ける他、経過措置期間を設けず、制度施行と同時に表示義務を発動する方針を示したためだ。「パッケージデザインを大幅に変えざるを得ない」「今あるパッケージはどうする。廃棄しろというのか」──などと関係者に困惑が広がっている。

詳細はこちら

ケトジェンヌ問題 国衛研で製品調査実施(2020.1.23)

ケトジェンヌ1①

 下痢などの健康被害報告が短期間に急増しているとして消費者庁が消費者安全法に基づき販売者名や製品名を昨年9月に公表し、消費者への注意喚起を行ったサプリメント『ケトジェンヌ』を巡る問題で、厚生労働省が都道府県等に健康被害報告の収集を求めていたほか、下痢などを起こす成分の含有を調べる製品調査を国立医薬食品衛生研究所(国衛研)に依頼していたことが、1月17日までに分かった。

詳細はこちら

ファンケル新体制へ 池森会長、宮島副会長が退任(2019.12.26)

ファンケル合体②

 ファンケルの業績を大きく回復させた、創業者の池森賢二代表取締役会長が12月31日付で退任する。来年1月1日付で名誉相談役に就く人事をファンケルが今月11日発表した。業績をV字回復させ今後の成長基盤を確立したことと、8月に発表したキリンホールディングスとの業務提携に一定の目途が立ったためとしている。義弟の宮島和美取締役副会長も退任し、相談役に就く。

詳細はこちら

IC認証 新ロゴ決まる 日本国内はカタカナ併記(2019.12.12)

LGC インフォームドチョイス図表修正 圧縮

 サプリメントに関する信頼性の高いアンチドーピング認証として日本でも普及しつつある「インフォームドチョイス」(IC認証)のロゴマークが変更された。認証を手掛ける英LGC社が一昨年から検討していたもので、海外では10月から新しいロゴマークを使ったコミュニケーションが始まっている。IC認証の日本総代理店バイオヘルスリサーチリミテッドが11月29日に発表した。

詳細はこちら


ページトップ