ニュース一覧

話題

大腸ケア啓発を推進 武田、森永など4社が情報発信(2019.9.26)

zoomup①

業界の垣根超えて 医・食分野で大連携

 医薬品と食品の業界の垣根を越えた大腸ケアの取り組みが始まる。武田コンシューマーヘルスケア、帝人、東亜薬品工業、森永乳業の4社が連携し、それぞれの大腸ケアに関する知見を活用した情報発信や、各社で取扱う製品の店頭での販促を支援する共同POPの活用などを通じて、「腸活」を進展させた「大腸活」の必要性の浸透を図る。

詳細はこちら

プロテイン、飲料でも 利用者層の拡大 市場に変化(2019.8.22)

プロテイン合体①

 一般飲料タイプのプロテイン商品の需要が拡大しているようだ。背景にはプロテインのライトユーザー層や一般消費者層での利用の広がりがあるとみられる。好調を背景に、大手飲料メーカー各社が飲料タイプ商品の市場投入に本腰を入れるとの見方もあり、今後の行方が注目されそうだ。

詳細はこちら

DgS業界大再編 ココカラ、マツキヨ選ぶ (2019.8.22)

ココカラ合体①

 ココカラファインが選んだのは、マツモトキヨシホールディングス――。今月14日にドラッグストア売上高業界7位のココカラファインが、同5位のマツモトキヨシホールディングスと経営統合に向けた協議を開始すると発表した。同6位のスギホールディングスを交えたココカラの争奪戦はマツキヨに軍配が上がった。最終的な結論は今後の協議次第だが、経営統合成立なれば、DgS業界の勢力図は大きく変わり、売上高1兆円に迫る連合体が誕生する。

詳細はこちら

ファンケル、キリンと資本提携 (2019.8.8)

ファンケル、キリン①

 ファンケルとキリンホールディングスは8月6日、資本業務提携を締結したと発表した。同日夕方に開いた記者会見で、ファンケルとキリンHDが持つブランド力や技術などでシナジーを創出し、新たな領域の商品開発を進める方針を公表した。酵母技術を活用した化粧品の開発や、脳機能、フレイルなどに関わるサプリメントの開発などを推進していく考えだ。

詳細はこちら

進むアジア進出 DgSも(2019.7.25)

 海外に目を向ける国内企業が増えつつある。健康食品受託のアムスライフサイエンスは中国・杭州に製造工場を設け(=1面記事参照)、同業のファインはアジア圏での販売拠点を拡充させる。さらにドラッグストアでも、マツモトキヨシが香港、ベトナムへの進出を計画。各社とも、日本製の健康食品や化粧品に対するアジア市場での需要を取り込み、一層の成長に繋げる構えだ。

詳細はこちら

受託製造企業、活発な設備投資(2019.7.25)

アピ_新・物流センターを竣工①

アピ 岐阜県内に物流拠点 アムスライフ 中国に初の生産拠点

アムスライフ 中国に初の生産拠点 来年着工 健食・化粧品を製造

詳細はこちら

DgS売上高 ツルハが業界首位に (2019.6.20)

 北海道を地盤にドラッグストア事業を展開するツルハホールディングスが、売上高でDgS業界首位に躍り出た。17日、同社の2019年5月期の業績が発表され、売上高が対前年比16.2%増の7824億4700万円となり、ウエルシアホールディングスが4月に発表した18年2月期売上高7791億円を30億円差で抜いた。

詳細はこちら

東アジア市場 大きく拡大 3カ国合計 17年度3.5兆円(2019.6.6)

 TPCマーケティングリサーチは5月22日、2017年度の東アジアの健康食品市場に関する調査結果を発表した。調査対象は中国(含む香港)、台湾、韓国の3カ国で、2017年度の3カ国合計の健康食品市場規模は、前年度比4.1%増の3兆5306億円となった。国別では、中国が同3.3%増の2兆7122億円。台湾が7%増の4194億円。韓国が6.5%増の3990億円。

詳細はこちら

経営統合か 9千億円規模に スギとココカラ 7月末に判断(2019.6.6)

 成長を続けるドラッグストア業界にまたも再編の一報が飛び込んできた。今月1日の土曜日、業界6位スギホールディングスと、7位ココカラファインの両社が、経営統合に向けた協議を開始すると発表した。

詳細はこちら

指定成分制度 対象第一弾 4植物が候補リストに (2019.5.23)

 改正食品衛生法で法制化された健康食品の安全性確保にかかわる新たな規制、「指定成分制度」。健康影響情報の届出などが求められることになる指定成分の第1弾候補が20日、明らかにされた。指定成分の位置付けは、ただちに健康影響が生じる訳ではないが、「特別な注意を必要とする」という曖昧なもの。特別な注意の意味を、消費者や事業者が正しく理解できるかどうかが、制度の行方を大きく左右しそうだ。

詳細はこちら


ページトップ