ニュース速報

ヘルスケア事業 大幅に増収 新日本製薬 24年9月期第1Q
(2024.2.8)

 化粧品、健康食品通販の新日本製薬(福岡市中央区)は6日、2024年9月期第1四半期の連結業績を発表した。売上高は対前年比7.4%増の99億4100万円、営業利益は39.0%増の11億6700万円の増収増益だった。主力の化粧品の伸長とともに、青汁などヘルスケア事業が大幅に伸びた。


詳細はこちら

微細藻類原材料の生産体制確立 健食、代替食素材に ユーグレナ(2024.1.29)

 ユーグレナ(東京都港区)は24日、DHAを多く含み食品原料等として注目されている微細藻類「オーランチオキトリウム」の生産体制を構築し、沖縄県石垣市にて商業生産が可能になったため、食品原材料販売および受託培養・生産を開始すると発表した。生産は、グループ会社の八重山殖産(沖縄県石垣市)が行い、生産規模は最大年産量10t以上になる予定。食品素材用途は、サプリメント、シーズニング、代替シーフード素材などとしている。

詳細はこちら

機能性表示 今年度1000件超える 制度始まり4回目(2024.1.25)

 消費者庁は25日、機能性表示食品の届出データベースを更新し、新たに18件の届出を発表した。これにより、2023年度I番台の届出数は1010件。1000件の大台を突破した。


詳細はこちら

資生堂の健康・美容事業が始動 サプリや飲料の3ブランド ツムラ、カゴメと共同開発(2024.1.18)

 資生堂(東京都中央区)は、昨年9月に業務提携したツムラ(東京都港区)やカゴメ(名古屋市中区)らと協働で展開する健康・美容を中心とする新事業をスタートする。まず2月1日から、サプリメントやドリンクなどを揃えた3ブランドを第1弾品として発売する。18日の新ブランド・商品発表会で公開した。


詳細はこちら

当社からのお知らせ

健康産業流通新聞最新号

健康産業流通新聞最新号

海外事業への取り組み

中国をはじめアジア地域に進出をお考えの企業を対象に、無料で相談に対応いたします。

紙面でのご購入



ページトップ