ニュース一覧

NEWS速報

「紫外線から肌を保護」と届出 富士フイルム 初のヘルスクレーム(2019.7.16)

 肌訴求の機能性表示食品で新たなヘルスクレームが出てきた。「紫外線刺激から肌を保護するのを助ける」という従来なかった機能性を盛り込んだもの。肌に関するヘルスクレームはこれまで潤い(保湿)に限られていた。富士フイルムが届け出た。機能性関与成分はアスタキサンチン。


詳細はこちら

DHC、トクホ取得  04年以来 「葛の花」関与成分の粉末飲料で(2019.7.8)

 消費者庁は8日、特定保健用食品(トクホ)の表示許可を3品に対して行い、発表した。うち1品はDHCが申請したもので、葛の花エキス(テクトリゲニン類として)を関与成分とする『お腹の脂肪が気になる方の葛花茶』(粉末清涼飲料)。再許可トクホとして許可を受けた。同社のトクホ許可取得は、2004年12月に許可を得た『ケール青汁+食物繊維』(現在販売中)以来とみられる。


詳細はこちら

「アミノバイタル」を刷新 味の素 8月から販売(2019.7.4)

 味の素は3日、「アミノバイタルプロ」と「アミノバイタル」のリニューアル商品を8月22日に発売すると発表した。2品とも発売以来の初のリニューアルになるという。


詳細はこちら

グリシン・シリーズ販促強化 ファイン 首都圏で交通広告(2019.7.1)

 ファインは、シリーズ展開しているグリシン商材のプロモーション強化に乗り出す。すでに先月中旬にグリシン商材のブランドサイトを立ち上げ、今月1日からはJR東日本の主要幹線で交通広告を開始するなど、同社を代表するブランドに育成していく考えだ。


詳細はこちら

マツキヨ、HMB商材を拡充 PBのアスリートラインに新製品
(2019.6.27)

 マツモトキヨシホールディングスは、PB展開している「matsukiyo LAB アスリートライン」から、「HMBプロテイン」を7月11日に新発売する。一部店舗を除く全国のマツキヨグループ全店で販売していく。


詳細はこちら

富士フイルム 機能性表示食品「アンセリン」 来月に新発売(2019.6.24)

 富士フイルムは、機能性表示食品のサプリメント『アンセリン』を来月10日に発売する。回遊魚などの筋肉に含まれるイミダゾールジペプチドの一種、アンセリンを機能性関与成分にしたもの。尿酸値が高め(尿酸値5.5~7.0mg/dL)の人の尿酸値を下げる働きを訴求する。


詳細はこちら

スポーツブランドに機能性を投入 江崎グリコ  テアニンで睡眠訴求(2019.6.20)

 江崎グリコは19日、同社のスポーツフーズブランド「パワープロダクション」シリーズでは初となる機能性表示食品「エキストラ アミノアシッド テアニン」を、今月24日からアマゾンで先行発売すると発表した。機能性関与成分はL‐テアニンで、睡眠の質の向上(起床時の疲労感や眠気の軽減)を訴求する。


詳細はこちら

便通改善のオリゴ糖 今秋販売へ 北の達人、主力製品を「機能性」に(2019.6.17)

 北の達人コーポレーションは、主力商材のオリゴ糖配合食品「カイテキオリゴ」の機能性表示食品としての販売を今秋を目途に開始する。


詳細はこちら

DgS売上高、ツルハが首位に 18年度業績 2位ウエルシアと僅差(2019.6.17)

 北海道を地盤にドラッグストアを展開するツルハホールディングスが、DgS売上高で首位に躍り出た。17日、同社の2019年5月期の業績が発表され、売上高が対前年比16.2%増の7824億4700万円となり、ウエルシアホールディングスが4月に発表した19年2月期売上高7791億4800万円を30億円差で抜いた。


詳細はこちら

DHC クランベリーサプリを新発売 ボタンボウフウも配合(2019.6.10)

 DHCは、クランベリー抽出物、ボタンボウフウ(長命草)エキスはじめ、カボチャ種子油を配合したサプリメントを6日に新発売した。女性の排尿ケアを念頭に開発したもの。ボタンボウフウエキスについては、イソサミジンが規格化されたものを使う。商品名は「クランベリー+イソサミジン」。30日分(30粒入り)で価格は税込1944円。


詳細はこちら


ページトップ