ニュース一覧

NEWS速報

ネスレ日本 便通と血糖上昇抑制の「機能性」 「アイソカル」2品(2019.6.6)

 ネスレ日本は、機能性表示食品のサプリメントとドリンクを6日に発売した。機能性関与成分はグアーガム分解物(食物繊維)で、便通改善と食後血糖値の上昇抑制のダブルヘルスクレーム。同成分を機能性関与成分にした機能性表示食品で、この2つの機能を訴求する製品の発売は初めて。


詳細はこちら

大塚HD、サプリ事業など強化 新中計 事業売上1千億円上乗せへ(2019.6.3)

 大塚ホールディングスは、2019年度を初年度とする5カ年の第3次中期経営計画を策定した。〝独自のトータルヘルスケア企業として世界に躍進〟する成長の5年間として位置付け、医療関連事業と、サプリメントなどを取扱うニュートラシューティカルズ(NC)関連事業をコア事業とし、「新たな価値創造」「既存事業価値の最大化」に取り組む。同社が先月30日発表した。


詳細はこちら

日本調剤初のPB、青汁を発売 全国600店の調剤薬局を販路に(2019.5.27)

 全国47都道府県で調剤薬局約600店を展開する日本調剤は、初のPB商品「日本調剤の青汁」を24日に新発売した。


詳細はこちら

尿酸値対応 止まらぬアンセリン 大正に続きアサヒG食品が届出(2019.5.23)

 尿酸値の上昇抑制をヘルスクレームとするアンセリン機能性表示食品の届出がまた増えた。23日の届出情報更新で、アサヒグループ食品による届出が公開された。


詳細はこちら

帝人、新会社でサプリ事業開始 NMNで市場参入 高額商品を展開(2019.5.16)

 帝人がサプリメント事業に本格参入する。ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)を配合したサプリメントを新たに設立した販売会社を通じて市場展開を図る。


詳細はこちら

発売3カ月で売上高8億円強 オルビスの肌トクホ、販売計画上回る(2019.5.13)

 オルビスが今年1月に新発売した特定保健用食品『ディフェンセラ』の売上高が3月末までに8億円を突破し、販売計画を上回った。ポーラ・オルビスホールディンスの2019年12月期第1四半期決算説明で公表された。発売初年の年間売上目標は22億円。超えてくる可能性がある。


詳細はこちら

DHC、HMBを初めて届出 プロテインも配合のパウダー型サプリ(2019.5.9)

 DHCがHMBカルシウムを機能性関与成分にした機能性表示食品の届出を行い、先月26日に届出資料が公開された。同社がHMBの届出を行うのは初。


詳細はこちら

ファンケル、ケール青汁を刷新 冷凍タイプ 新製法で抗酸化力向上(2019.4.15)

 昨年から青汁事業の拡充を進めているファンケルは、冷凍タイプのケール青汁を刷新し18日に新発売する。新製品では鮮度にこだわり、〝生〟に近い状態を実現させるための新製法を用いて開発した。一般紙などを通じ、同社の青汁事業の取組みなどを紹介するプロモーションを展開するなどし、同事業の底上げを図る。


詳細はこちら

「メタバリアEX」5月に発売 富士フイルム サラシノールなど4つの関与成分(2019.4.11)

 富士フイルムは機能性表示食品「メタバリアEX」を5月10日に発売する。機能性関与成分は、サラシノール、難消化性デキストリン、エピガロカテキンガレート、モノグルコシルルチンの4成分で、BMI改善、糖の吸収を抑える、腸内環境を整えるなどを訴求する。最終製品臨床と研究レビューを組み合わせる形で届け出た。


詳細はこちら

小林製薬が初のスポーツサプリ ピクノジェノール、BCAAを配合(2019.4.4)

 小林製薬は、アンチ・ドーピング認証「インフォームドチョイス」を取得したサプリメント「ピクノレーサー」を1日に新発売した。通販限定商品。同社がスポーツニュートリション分野に進出するのは初めて。今後、マラソンやトライアスロンなどの大会において、同品のサンプリングを実施し商品の浸透を図る。


詳細はこちら


ページトップ