ニュース一覧

行政

国民健康・栄養調査 サプリ摂取状況調査へ (2019.1.24)

 厚生労働省「国民健康・栄養調査企画解析検討会」(座長・磯博康大阪大学教授)が17日に開催され、2019年の調査項目にサプリメントの摂取状況を追加する案が提示された。同省が実施担当となっている国の基幹統計調査「国民生活基礎調査」でも来年度、同様にサプリの摂取状況を尋ねる設問を新設することが決まっており、サプリの摂取状況を把握しようとする動きが加速している。

詳細はこちら

景表法違反 酵素食品巡りまた処分 痩身効果表示に優良誤認 (2019.1.24)

措置命令_酵素食品でまた①

 酵素を訴求する健康食品の表示を巡り、景品表示法違反(優良誤認)による措置命令が相次いでいる。酵素の表示が問題になったわけではないが、植物発酵酵素飲料を販売していた健康食品販売企業が昨年10月に処分されたのに続き、今月17日、酵素のほか酵母などを訴求する健康食品を販売していた九州の通販企業が措置命令を受けた。

詳細はこちら

規制改革 「機能性」の事後規制 必要なら「大臣折衝」 (2019.1.10)

 機能性表示食品の事後規制を巡り、政府の規制改革推進会議の専門チームが昨年11月28日に非公開で開いた会合の議事録が、先月末までに公開された。議論の焦点になったのは、広告表示を含めた届出後の取り締りに対する事業者の「予見可能性」。現状ではそれが極めて低く、恣意的な制度運用が行われているなどとして、規制改革委員が景品表示法などの執行を所管する消費者庁表示対策課に極めて厳しく詰め寄るとともに、取り締りに関する“指針”の公表を強く求めている。

詳細はこちら

薬機法 厚労省、法改正案を国会へ 違反広告に課徴金制度導入(2019.1.10)

 厚生労働省の「第10回医薬品医療機器制度部会」(部会長・森田朗・津田塾大学教授)が昨年の12月14日に開かれ、今月から始まる通常国会に提出する医薬品医療機器等法(薬機法)の改正内容をまとめた。薬機法違反の広告などに対して、課徴金制度、措置命令を導入する。

詳細はこちら

厚労省検討会 3月にまとめ 新食事摂取基準の数値公表(2019.1.10)

 厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準(2020年版)策定検討会」(座長・伊藤貞嘉・東北大学大学院教授)は昨年12月21日に会合を開き、摂取基準の数値を盛り込んだ報告書案を提示した。3月に取りまとめの予定で、厚労省では今年中に告示を定める方針。

詳細はこちら

課徴金取消し 景表法の運用に影響か 審査会、優良誤認性まで否定(2019.1.10)

 消費者庁が昨年末公表した、景品表示法に基づく課徴金納付命令の取り消し。健康食品表示規制の〝総本山〟とも呼べる景表法を巡る同庁初の判断に、業界関係者からも驚く声が上がる。今後の景表法の運用に影響が出るとの見方もあり、行方が注目されている。

詳細はこちら

非医にアラニンなど追加 食薬区分リスト一部改正へ(2019.1.10)

 厚生労働省は昨年の12月25日、医薬品医療機器等法(薬機法)に基づく「食薬区分における成分本質(原材料)リスト」の一部改正案の意見募集を開始した。締め切りは1月24日まで。

詳細はこちら

消費者庁 来年度 保健表示室新設へ  トクホ運用拡大調査事業も(2019.1.10)

 消費者庁は来年度、食品表示法の運用などを所管する食品表示企画課に「保健表示室長」の新ポストを置き、併せて同課内に保健表示室を新設する。昨年12月21日に閣議決定された2019年度の機構定員要求で認められた。また、併せて閣議決定された19年度当初予算案では、特定保健用食品(トクホ)の運用拡大に向けた調査事業予算が新規計上された。

詳細はこちら

食表法一部改正案が公布 食品リコール情報届出義務化 (2018.12.20)

 新たにリコールの届出義務化を規定した食品表示法の一部改正案が、臨時国会で8日に成立し、14日に公布された。施行は公布から3年以内。消費者庁は厚生労働省と共同で食品リコール情報を一元的に管理するデータシステムを構築する方針。また、届出義務化に伴い、各自治体が条例などで定めているリコール届出の仕組みは見直される見通しだ。

詳細はこちら

健食摂取状況 初の統計調査実施へ 国民生活基礎調査で来年から(2018.12.20)

 2019年以降の国民生活基礎調査の「健康票」に、健康食品の摂取状況を尋ねる設問が新たに追加される方向性がほぼ固まった。調査内容変更の是非を審議していた総務省統計委員会の有識者部会は6日、設問追加を「適当」と判断。調査を実施する厚生労働省の政策ニーズを受け入れた。国民による健康食品の摂取状況が、国の統計調査結果として初めて示されることになる。

詳細はこちら


ページトップ