ニュース一覧

素材

米ホエイ生産量 17年、75万tに増加 プロテイン、スポーツ軸に拡大続く(2018.5.24)

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)による「アメリカ産乳由来プロテインセミナー」が17日、都内で開催され、2017年の乳製品の対日輸出が、前年比41%増の2億9千万ドルに達したことを明らかにした。講演したUSDEC駐日代表のマクニール氏によると、米国の2017年の生乳生産量は、前年比1%増の9770万㌧となり、19年には「1億㌧に達する見通しだ」(マクニール氏)とした。

詳細はこちら

過去最高販売量を記録 コラーゲン、17年度5800t GMJ6社集計(2018.5.24)

 2017年度のコラーゲンペプチド販売量は少なくとも5800㌧に上ることが、日本ゼラチン・コラーゲンペプチド工業組合(GMJ)の調べで分かった。ニッピや新田ゼラチンなど、コラーゲンペプチドやゼラチンの製造販売を行うGMJ加盟企業6社の販売量を集計したもので、ルスロゼライスなど非加盟企業の販売量は含まれない。前年度に比べて1000㌧近くも増加し、調査開始以来の過去最高販売量を記録した。

詳細はこちら

ME-3 抗酸化作用持つ乳酸菌 グルタチオンを産生(2018.5.10)

 セティは7日、米国や欧州で「新規の抗菌性及び抗酸化性プロバイオティクス」の名称で特許を取得している乳酸菌「ラクトバチルス ファーメンタム ME‐3」を上市した。ベルギーのVFバイオサイエンス社製。1㌘当たりの菌数は1000億個で、50㌘から出荷する。

詳細はこちら

アグアヘ、女性向け新素材 プエラリア代替需要狙う (2018.5.10)

 マイルドな女性ホルモン様活性を持つ植物エストロゲンを規格成分にした植物抽出物をオリザ油化が開発した。ペルーなどのアマゾン川流域で栽培され、ジュースなどに加工されるオオミテングヤシの果実「アグアヘ」を原料にしたもの。強い女性ホルモン様作用を持つ成分を含む一方で日本国内では定量分析が難しいプエラリア・ミリフィカなどからの置き換え需要の取り込みを図る。

詳細はこちら

グルコサミン塩酸塩 プロケミが新届出 訴求刷新 (2018.4.26)

 グルコサミン塩酸塩を機能性関与成分とし、膝関節への機能を訴求するサプリメントの新たな届出を、消費者庁が11日、公開した。グルコサミン供給大手のプロテインケミカルが届け出たもの。同社は以前にも同様の届出を行っていたが、今回届け出たヘルスクレームは以前と異なる。「関節軟骨」を無くし、新たに「膝関節」を盛り込んだ。

詳細はこちら

脳機能サポートの新素材 ブドウ抽出物で新市場創出 (2018.4.26)

 各種機能性素材を手掛けるウィルファームは、脳機能のサポートをコンセプトとする新素材の原料供給を始める。イタリア・バイオナップ社が製造するシチリア島原産のブドウを用いたもので、欧州ではすでに供給を開始、アジア地区では日本が先行してプロモーションを展開する。1990年代後半に抗酸化機能で市場形成されたブドウ関連素材。新たな脳機能改善をキーワードに新たな市場創出が始まるかもしれない。

詳細はこちら

大麦若葉末 腸内細菌叢改善作用を確認 東洋新薬がヒト試験で 
(2018.4.12)

 大麦若葉末の摂取が腸内細菌叢の改善を促すことを、東洋新薬がヒト試験で確認した。東京大学分子細胞生物学研究所の白髭克彦教授との共同研究で確認したもの。日本農芸化学会2018年度大会で報告した。大麦若葉末を使ったヒト試験で腸内細菌叢改善作用が確認されたのは初とみられる。腸内細菌叢の同定には、次世代シークエンサーを用いた16SリボソームRNA解析を行った。

詳細はこちら

スーパー大麦 農薬検出で市場打撃か 40万個超の商品回収に発展(2018.4.12)

 市場規模を順調に広げてきたオーストラリア産の大麦、通称「スーパー大麦」に急ブレーキが掛かりそうだ。輸入ロットの一部に農薬成分が検出された問題は、最終商品の回収騒動に発展している。10日夕方時点で食品大手を含むメーカー5社が自主回収を発表しており、今後、風評被害を含めた影響の広がりが懸念される。

詳細はこちら

クスリウコン抽出物 キサントリゾール規格化 フィトファーマが発売(2018.3.22)

 クスリウコン(学名クルクマサントリーザ=Curcuma xanthorrhiza)の根茎を原料にした抽出物の供給をフィトファーマが始める。クスリウコンに含まれるキサントリゾール(xanthorrhizol)の含有量を20%以上で規格化したエッセンシャルオイルを新たに開発した。日本の協力工場で生産する。

詳細はこちら

ファーンブロック、日本でも 海外で実績 日東薬品が供給開始(2018.3.22)

 各種乳酸菌を製造販売する日東薬品工業は、スペイン・カンタブリアラボ社が取扱う美容食品素材「ファーンブロック」の日本での原材料供給を開始する。これまでもグローバル事業の推進で海外の化粧品や食品素材を供給してきたが、美容に特化するなどの健康食品素材の取扱いは初めて。

詳細はこちら


ページトップ