ニュース一覧

素材

イチョウ葉エキス 飲料に最適な新製品 (2020.7.23)

丸善製薬合体①

 ドリンク類への配合に最適なイチョウ葉エキスを丸善製薬(広島県尾道市)が新たに開発し、今月から販売を開始した。液体タイプとなっている。認知機能領域の、機能性表示食品対応素材としても提案していく。

詳細はこちら

小林香料、新SR用意 HMBで新機能実現へ (2020.7.23)

HMBロゴ①

 HMBカルシウム(HMBCa)を機能性関与成分にした機能性表示食品で今後、運動などに伴う筋肉疲労の軽減機能を訴求できるようになりそうだ。HMBCaの国内製造を手掛ける小林香料(東京都中央区)が研究レビュー(SR)を新たに用意。同社で進めている届出が公開されるなど体制が整い次第、最終製品販売会社などへの届出支援を始める。

詳細はこちら

イソフラボン、妊活で広がれ (2020.7.9)

イソフラボン_マタニティタイアップ②

 イソフラボンの需要を底上げしようと、麹菌発酵大豆イソフラボンの原材料供給を手掛けるニチモウバイオティックス(東京都港区)が消費者に向けたアピールに乗り出している。今年6月から交通広告を複数の路線で開始。今後1年間にわたり、健康・美容と妊活のために、大豆イソフラボンを摂り入れる必要性を女性に訴える。

詳細はこちら

βアラニン、大正製薬も動く (2020.6.11)

大正製薬①

 β‐アラニンを配合した清涼飲料水を大正製薬が6月1日、新発売した。食薬区分の専ら非医薬品リストに追加されたことを契機に、スポーツサプリメントやサルコペニア対応など、運動機能領域で注目が集まった日本では新規成分。スポーツサプリメントのブランド『DNS』を展開するドームも今春、配合サプリメントを発売している。

詳細はこちら

「肌弾力」徐々に増加 保湿一辺倒近く脱却か (2020.6.11)

04イメージ本データ146510306_s①

 「弾力」「肌の健康」をヘルスクレームに盛り込んだ機能性表示食品の届出が徐々に出てきた。「保湿」一辺倒とも言えた肌領域の機能性表示食品だが、ここにきて潮目が変わりつつあるようだ。肌弾力に対する機能性を訴求する製品の届出が今年3月に公開されたのに続き、第2弾となる届出が5月25日の届出情報更新で公開された。

詳細はこちら

マコモ抽出物 「機能性」届出を視野に(2020.5.28)

 マコモ酵素処理抽出物を機能性表示食品に活用しようとする動きが出てきた。原材料供給するサンエフ(東京都新宿区)は5月19日、同素材について皮膚水分量増加やシワ低減といった肌の健康に関する機能性のある可能性がヒト試験で確認されたと発表した。活性成分はフラボノイドの一種であるトリシンだといい、今後、同成分を機能性関与成分として、肌への機能性を訴求する機能性表示食品の届出を視野に入れている。

詳細はこちら

19年度コラーゲンペプチド販売量 3年連続増も微増(2020.5.28)

 2019年度(19年4月~20年3月)のコラーゲンペプチド販売量は少なくとも5924㌧だった。ニッピや新田ゼラチンなど国内コラーゲンペプチド製造企業6社の販売量を日本ゼラチン・コラーゲン工業組合(GMJ)が集計し、5月18日までに公表した。ルスロ等の海外企業などGMJ非加盟企業の販売量は含まない。3年連続で増加したが、前年度比は1.5%の微増にとどまった。用途別の販売量を見ると、大半が食用とみられる「輸出」が2年連続で減少した。

詳細はこちら

マキベリーに肌質改善機能  (2020.5.14)

 オリザ油化(愛知県一宮市)が原材料販売を手掛けるサプリメント用のマキベリーエキス製品ブランドのうち『デルフィノール』について、肌への有効性も期待できることが、臨床試験で初めて確認された。プラセボ対照群間比較試験の結果、肌のくすみや色むらを改善する機能性を持つことが示唆されたもので、特許出願も同社で行った。これまでのデルフィノールの主要機能は血糖値の上昇抑制。同社が最近実施した試験で抗糖化機能のあることが分かっていた。

詳細はこちら

コラーゲンペプチド 欧州大手、市場拡大図る 
(2020.5.14)

 ゼラチン・コラーゲンペプチド製造販売の世界大手、独ジェリータ(エーバーバッハ)が日本法人を開設し、コラーゲンペプチドの営業・販売活動を開始した。以前から同社のコラーゲンペプチドは国内メーカー大手を通じて日本市場に供給されてきたが、新設した日本法人を通じ、機能性に関する科学的根拠を備える製品シリーズの市場浸透を図る。今後、機能性表示食品の届出サポートも手掛けていく計画だ。

詳細はこちら

初の届出 コラーゲンで 「肌の健康に役立つ」訴求 (2020.4.9)

 「肌の健康に役立つ」。機能性表示食品についてこうしたヘルスクレームが届出された。具体的には、「肌の水分量(潤い)と弾力性の低下を抑え、肌の健康に役立つ機能が報告されています」として、肌の弾力低下を抑える働きまで訴求する内容。保健機能食品全体を通じて初のヘルスクレームとなる。機能性関与成分はコラーゲンペプチド(魚由来)。江崎グリコが届け出た。

詳細はこちら


ページトップ