ニュース一覧

素材

葛の花、第2幕が開く 新届出でヘルスクレーム拡充(2020.10.8)

04葛の花_第2幕_新ヘルスクレーム受理①

 葛の花由来イソフラボンで可能な機能性表示食品のヘルスクレームが拡充された。日常生活活動時などにおけるエネルギーやカロリーの消費を高める働きを訴求できるようになった。消費者庁が2020年9月18日に行った機能性表示食品の届出情報更新で新たなヘルスクレームが公開された。

詳細はこちら

松樹皮エキスの現在地 安定の需要 生かせ知見(2020.9.24)

松樹皮エキス合体㊤⑤

 抗酸化を主な機能性に、素材によっては認知機能改善、LDLコレステロール低減、更年期症状改善などの機能性で訴求される松樹皮エキス。既存クライアントの安定した需要により、原材料事業者の売上は堅調に推移しているという。また、素材では新知見が複数報告される一方、従来から報告しているアイケアなどの機能性にも再び注目が集まる。様ざまな機能性が確認されている素材が多く、その分コロナ禍でも商機は望めそうだ。今後の動向が注目される松樹皮エキスの現状を報告する。

詳細はこちら

有胞子性乳酸菌と免疫 高まる引き合い (2020.9.24)

 乳酸菌に対する引き合いが、サビンサジャパンコーポレーション(東京都豊島区)でも伸びている。背景にあるとみられるのは、腸内環境の維持・増進に連なる、免疫機能に対する働きを念頭に置いたサプリメント・健康食品の市場投入。同社が供給する乳酸菌は有胞子性乳酸菌で、〝生きて腸まで届く〟の特長があることも、引き合い増の一因になっている可能性も考えられる。

詳細はこちら

〝差別化〟植物性タンパク エンドウ豆由来など注目じわり(2020.9.24)

 差別化できる植物性タンパク質の需要がじわり伸びている。

詳細はこちら

オリザ油化 アグアヘエキスに知財権 (2020.8.27)

 オリザ油化(愛知県一宮市)は、サプリメント用原材料として供給するアグアヘエキスの不定愁訴改善機能に関わる特許を、8月17日までに取得した。特許番号は第6742537号で、発明の名称は「エストロゲン活性調整剤およびそれを用いた不定愁訴改善剤」。同エキスには植物エストロゲン(女性ホルモン様成分)が含まれる。月経周期に伴う不定愁訴改善機能のあることが、国内で行われた臨床試験で見出されていた。

詳細はこちら

ケルセチンフィトソーム 花粉と免疫 繋ぐ独自素材 (2020.8.27)

 フラボノイドの一種であるケルセチンの国内需要増加に向けた取り組みをインデナジャパン(東京都千代田区)が進めている。取り組みの第一は、機能性表示食品制度への対応。花粉やハウスダストなどによる目鼻の不快感軽減機能を最終商品で表示できるようにする。第二は、免疫対応素材としての市場普及。同成分には免疫調節機能のあることが示唆されており、ここにきて米国市場で需要が急増。この流れを日本市場にも呼び込む。

詳細はこちら

国産β-アラニン供給開始 有機合成薬品が直接参入(2020.8.6)

 有機合成薬品工業(東京都中央区)が、β‐アラニンの供給を日本国内で本格化する。同社は以前から国内自社工場でβ‐アラニンを生産していたが、供給先は米国など海外市場のみだった。国内需要の高まりも受けて、世界で唯一の日本国産β‐アラニンを国内市場に投入する。

詳細はこちら

イチョウ葉エキス 飲料に最適な新製品 (2020.7.23)

丸善製薬合体①

 ドリンク類への配合に最適なイチョウ葉エキスを丸善製薬(広島県尾道市)が新たに開発し、今月から販売を開始した。液体タイプとなっている。認知機能領域の、機能性表示食品対応素材としても提案していく。

詳細はこちら

小林香料、新SR用意 HMBで新機能実現へ (2020.7.23)

HMBロゴ①

 HMBカルシウム(HMBCa)を機能性関与成分にした機能性表示食品で今後、運動などに伴う筋肉疲労の軽減機能を訴求できるようになりそうだ。HMBCaの国内製造を手掛ける小林香料(東京都中央区)が研究レビュー(SR)を新たに用意。同社で進めている届出が公開されるなど体制が整い次第、最終製品販売会社などへの届出支援を始める。

詳細はこちら

イソフラボン、妊活で広がれ (2020.7.9)

イソフラボン_マタニティタイアップ②

 イソフラボンの需要を底上げしようと、麹菌発酵大豆イソフラボンの原材料供給を手掛けるニチモウバイオティックス(東京都港区)が消費者に向けたアピールに乗り出している。今年6月から交通広告を複数の路線で開始。今後1年間にわたり、健康・美容と妊活のために、大豆イソフラボンを摂り入れる必要性を女性に訴える。

詳細はこちら


ページトップ