NEWS速報

CBD水溶化技術で特許 11月より本格的に販売開始 吉兆堂(2022.11.7)

 創業は大正12年、現在健康食品事業としてはCBD事業やOEM供給を手掛ける吉兆堂(神戸市中央区)が、従来の課題であった「苦味」を大幅軽減したCBDの水溶化技術の開発に成功したと10月31日に発表した。ヤマサン(東京都豊島区)との共同開発で、共同特許(特許第7140865号)を取得している。


詳細はこちら

健食は微増、9カ月連続増 化粧品は12カ月連続 9月の商業動態(2022.10.31)

 経済産業省調査統計グループが31日に発表した2022年9月分の商業動態統計速報によると、ドラッグストア(DgS)における「健康食品」の販売額は195億円。前年同月比は0.3%増で、微増ではあるものの9カ月連続の増加となった。


詳細はこちら

食薬区分改正コイケマなど非医 新たな改正案も パブコメ開始

(2022.10.27)

厚生労働省は24日、食薬区分を一部改正し、各都道府県などに通知した。「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」(非医リスト)に追加された2成分は、植物由来物などのコイケマ、その他(化学物質等)のD‐β‐ヒドロキシ酪酸。コイケマとD‐β‐ヒドロキシ酪酸は、ともに海外でサプリメントとして流通し、健康被害などは報告されていない。

詳細はこちら

睡眠の質訴求の「機能性」が好調 3商品が前年比増 アサヒグループ食品(2022.10.24)

アサヒグループ食品(東京都墨田区)は21日、「睡眠の質を高める」機能を訴求する機能性表示食品のサプリメントやドリンク計3品が売れ行き好調と発表した。その中でも、ガセリ菌CP2305株(L.gasseriCP2305)を機能性関与成分にした「届く強さの乳酸菌W」は、今年1~8月の販売数量が前年比72%増と最も伸長している。

詳細はこちら

セラクルミン配合、2品届出公開 クルクミン初の複数表示 セラバリューズ(2022.10.20)

セラバリューズ(東京都千代田区)が、クルクミンを関与成分とした機能性表示食品を届け出し、14日と18日にそれぞれ1品届出公開された。これらの製品は、単一の関与成分で複数のヘルスクレームを表示するもので、クルクミンのみを関与成分にした機能性表示食品で複数の訴求を行う製品はこの2品のみとなっている。

詳細はこちら

コーヒー豆の新素材を上市 ルナフェノンブランドに追加 花王(2022.10.17)

「ヘルシアシリーズ」に使用している茶カテキンとコーヒー豆由来クロロゲン酸類の機能性素材「ルナフェノン」ブランドを、昨年から販売している花王(東京都中央区)が、新たに「ルナフェノンC‐200」を追加した。

詳細はこちら

プロテインの売上157億円に カーブス コロナ前から大きく伸長

(2022.10.13)

 主婦層を主要ターゲットに展開するフィットネスクラブ「カーブス」を運営するカーブスホールディングス(東京都港区)は13日、会員向け物販売上のうちプロテインの売上高が前年から大きく上回る157億円を売り上げたと発表した。食生活相談の強化月間を展開したことでプロテインの定期契約者数が増加するとともに、プロテインの高機能商品による客単価が向上したことなどで売上を大きく伸ばした。

詳細はこちら

今年度初の30件以上の届出 新規成分にヤクルトの乳酸菌が登場

(2022.10.11)

消費者庁は7日、機能性表示食品の届出データベースを更新し、33件の新規届出を発表した。一度に30件以上の新規届出を発表するのは今年度のH番台では初めて。20件以上も8月9日の発表以来で約2カ月ぶりだった。今年度の届出数は416件となった。

詳細はこちら

プラズマ 「機能性」38品に 大正製薬が代表ブランド活用など

(2022.10.6)

免疫ケアを訴求するプラズマ乳酸菌の国内外における商品展開が広がりを見せている。10月5日時点で、国内で機能性表示食品として市場投入されている、かつ発売予定の商品を合わせると38品にのぼる。海外ではすでに展開している東南アジア諸国、米国に加え、欧州での取組みが今秋から始まるなど、プラズマ乳酸菌関連事業で2027年の目標値として掲げる菌体販売で35億円、最終商品販売で500億円の達成に向け着実に事業を拡大させている。

詳細はこちら

15カ月間の一部業務停止命令 〝会長業務も禁止〟健食の電話勧誘販売業者(2022.10.3)

 北海道経済産業局は9月29日、健康食品の電話勧誘販売業者の一製薬(福岡市中央区)に対し、特定商取引法に違反する行為を認め、電話勧誘販売に関する業務の一部(勧誘、申込受付及び契約締結)を停止するように命じた。併せて、同社の「会長」と称する人物に、同社に命じた業務停止の範囲で新たに業務を開始することを禁止した。企業と人物に対して命じた業務停止命令期間は、ともに2022年9月30日から翌年1229日までの15カ月間。

詳細はこちら


ページトップ