ニュース一覧

企業

小林製薬 「機能性」杜仲葉を上市 独自原材料で製品化(2019.6.6)

10小林製薬 杜仲源GX_54520_PKG_20181203①

 小林製薬は、昨年10月に届出公表されていた血圧訴求の機能性表示食品のサプリメント「杜仲源GX」の販売を5月から開始した。同社ではこれまでに、ルテインやイチョウ葉など機能性表示食品6品を発売しているが、独自に開発した原材料による機能性表示食品の市場投入は初めてとなる。販売チャネルは通販のみ。

詳細はこちら

インアゴーラ 越境EC 健食を充実化へ (2019.6.6)

 日本商品に特化した中国越境ECサイト「ワンドウ」を運営するインアゴーラが健康食品・サプリメントの取り扱いを拡充している。

詳細はこちら

体内カロテノイド、手軽に測定 食事改善に一役? (2019.6.6)

アルテック結合③

 体内のカロテノイド量を手軽に測定できる状況が今後増えるかもしれない。産業機械などの専門商社、アルテック(東京都中央区)が、野菜やサプリメントから摂取するなどして体内に蓄積されるカロテノイドの量を分析、数値化できる測定装置の国内販売をこのほど開始した。先月末に、その第1号機をドラッグストアチェーンのキリン堂に導入することが発表され、早ければ7月には店頭などで同機器を試すことができそうだ。

詳細はこちら

長瀬産業 機能性素材企業を買収(2019.6.6)

 長瀬産業は3日、アミノ酸やプロテインなど機能性食品素材販売などを手掛ける米国の大手企業プリノバグループの株式約94%を取得し、連結子会社化すると発表した。

詳細はこちら

大塚HD サプリ事業など強化 (2019.6.6)

 大塚ホールディングスは、2019年度を初年度とする5カ年の第3次中期経営計画を策定した。〝独自のトータルヘルスケア企業として世界に躍進〟する成長の5年間として位置付け、医療関連事業と、サプリメントなどを取扱うニュートラシューティカルズ(NC)関連事業をコア事業とし、23年度売上高を4080億円増の1兆7000億円に引き上げる計画。同社が先月30日発表した。

詳細はこちら

日本調剤 青汁市場に参入 初のPB (2019.6.6)

ZOOMUP日本調剤青汁④

 全国47都道府県で調剤薬局約600店を展開する日本調剤が、青汁市場に参入する。先月24日、同社として初のプライベートブランド商品「日本調剤の青汁」の販売を開始した。

詳細はこちら

エキス 早くも届出第1号 届出は4月11日(2019.6.6)

 エキスを機能性関与成分にした機能性表示食品の届出が3日、公表された。エキスの第1号として公表された届出は、『ごはんですよ』で知られる桃屋によるものだった。同社として初の届出となる。

詳細はこちら

ファンケル 愛用者協力で商品開発 第1弾は減塩醤油 一般食を推進(2019.5.23)

 ファンケルは、料理研究家や醤油メーカー、同社商品の愛用者の協力のもと開発した減塩タイプのだし醤油を開発、16日から販売を開始した。同社が愛用者などと商品を共同開発するのは初めて。

詳細はこちら

興和、IC認証を取得 指定医薬部外品で初(2019.5.23)

04興和写真差し替え _指定医薬部外品でIC認証取得①

 医薬品メーカーの興和がアンチドーピング認証を取得した。指定医薬部外品の栄養ドリンク剤で初めて取得したもので、新聞紙上に全面広告も展開しながら強くアピールしている。認証取得によってアスリートがより安心して商品を摂取できるようになる。一方、栄養ドリンク剤市場での差別化につなげたい思いも透けて見える。競合他社が追随する可能性がありそうだ。

詳細はこちら

帝人 サプリ事業に参入 新会社でNMNを市場展開(2019.5.23)

02帝人サプリ①

 帝人がサプリメント事業に本格参入する。ヘルスケア事業における医薬品研究・開発で培った技術力を活かし、ここ数年で老化に対して機能する成分として注目を集めているニコチン酸の一種、ニコチンアミド・モノヌクレオチド(NMN)を配合したサプリを開発、販売のために新たに設立した100%出資の子会社を通じて事業展開に乗り出す。スーパー大麦「バーリーマックス」、イヌリンに次ぐ機能性食品素材の取扱いを開始し、ヘルスケア事業を拡充する。

詳細はこちら


ページトップ