ニュース一覧

NEWS速報

GL改正 年末と年度末の2回実施 糖質・糖類、年度末の可能性 エキス等は来年度?(2017.12.7)

 機能性表示食品の届出ガイドライン(GL)改正が、年内と今年度末の2度にわたり実施される。制度を所管する消費者庁食品表示企画課長が6日、大阪市内で行った講演で明言した。


詳細はこちら

機能性表示、届出事前点検に対応へ 日本抗加齢協会 来年から始動(2017.12.7)

 日本抗加齢協会が機能性表示食品の届出「事前点検」事業を始める方針を固めた。近く開催する理事会の承認を得て決定し、来年から始動させる予定。


詳細はこちら

安全性対策 過剰規制に警戒感 「リスク高い成分」って何?(2017.12.4)

 厚生労働省が国会への法案提出準備を進めている改正食品衛生法や、食品衛生規制の見直しに絡んだ健康食品の規制強化に警戒感が強まっている。捉え方に温度差はあるが、同省が示している「リスクの高い成分」を巡る規制にとりわけ強い警戒感が抱かれている。そうした成分が「リスト化される」との推測も言われており、過剰規制となるおそれに事業者からは反発の声も上がり始めた。

詳細はこちら

日健栄協、「機能性」相談強化 ウェブ会議を導入(2017.12.4)

 日本健康・栄養食品協会が手掛ける機能性表示食品の相談事業に、新たにウェブ会議システムが導入された。今年度の相談件数は9月30日時点で70件に達し、過去2年の件数を上回る勢いで推移しているといい、相談体制を強化した格好だ。また、相談内容が多岐にわたり始めたことから、来年1月5日申し込み分から相談料金体系を改訂し、事前確認を行う資料枚数に応じた追加料金を新たに設定する。

詳細はこちら

Jオイル、健食の商品販売事業から撤退 原料事業は継続(2017.12.4)

 Jオイルミルズは、健康食品の販売事業から撤退する。先月行われた決算説明会で八馬史尚社長が、「将来的な事業継続は困難」と判断したもので、来年6月を目途に健康食品の最終商品を終売させる。ビタミンK2など健食原料は従来通りファイン事業で手掛けていく。

詳細はこちら

加齢性白内障予防効果が示唆 ヘスペリジン研究会(2017.12.4)

 ヘスペリジンの新知見を報告する「第9回研究発表会」が1日、東京の御茶ノ水ソラシティで開催された。主催はヘスペリジン研究会。大学や食品メーカーの研究者など約150名が参加した。

詳細はこちら

セイロガン、スポーツサプリで 米国で水分吸収促進の機能性 大幸薬品(2017.11.30)

 大幸薬品は、米国でダイエタリーサプリメントとして販売展開する「SEIROGAN TOI A」を、スポーツサプリメントとして新たに売り込む。来月に開催されるホノルル・マラソンの前3日間行われるエキスポ会場において、商品の展示とともに発汗時の水分吸収促進などの機能を訴求するなどし、新たな市場開拓を進める。


詳細はこちら

DgSの健食5.3%増 10月分 商業動態統計速報(2017.11.30)

 経済産業省は29日、商業動態統計の10月分速報値を公表した。ドラッグストア(DgS)の商品別販売額のうち健康食品は、前年同月比5.3%増の170億円となった。


詳細はこちら

ロイテリ菌サプリ、来年2月に オハヨーバイオ(2017.11.30)

 ロイテリ菌を用いた機能性表示食品の第2弾商材「ロイテリ お口のサプリメント」を、日本カバヤ・オハヨーホールディングスの事業会社・オハヨーバイオテクノロジーズが来年2月から販売を開始する。まずは来年立ち上げる自社通販サイトで販売展開し、ドラッグストアやコンビニなど店頭での販売も視野に入れる。


詳細はこちら

フォーデイズ 一部業務停止 消費者庁、特商法違反で処分(2017.11.27)

 消費者庁は24日、MLM大手のフォーデイズ(東京都中央区、和田桂子社長)に対し、不実告知などの特定商取引法違反があったとして6カ月間の一部業務停止命令を行い、発表した。業務停止期間は来年5月23日までで、期間中の新規勧誘・契約停止を命じた。既存会員への販売活動は従来通りに行える。

詳細はこちら


ページトップ